手彫り印の作成

完全の手彫り印を作成するにあたっては、お店に行ってオーダーをすることになります。彫ってもらい作成をするため時間がかかります。特に人気のお店でオーダーがたくさんあるようなところとなると仕上がりまで時間がかかるということも多いです。そのため、成人祝いとして贈るにあたっては成人式や成人する誕生日といったタイミングに合うようできるだけ早いうちにオーダーをすることが重要です。

パソコンもしも自宅の近くで完全手彫りの印鑑店が無いという人や、なかなかお店に行くことが難しいという人はインターネット通販で購入するということもできます。インターネット通販であってもしっかりとオーダーを聞いてもらえるので印鑑に用いる素材や字体、文字の太さなどこまかなことをオーダーすることが可能です。もちろん文字についても名字のみ、下の名前のみ、フルネームといったことや縦や横といった文字の入れ方も可能ですから完全にオリジナルな世界で一つの印鑑が作成できます。

インターネットでは仕上がりに不安があるという人もいますが、お店によっては到着後の仕上がりを見て返品や彫り直し修正といったこともできます。そういったことになったときのためにも早めのオーダーが望ましいです。

関連HP→いいはんこやどっとこむ®

印鑑を贈る意味

印鑑というのはいくつかの作り方があります。機械ですべて作成する機械彫り、機械彫りと手仕上げとを併用する方法、完全に手彫りで作成する方法とあります。リーズナブルで入手しやすいということで機械彫りの三文判のようなものを若い人は使いがちですが、こういったものは模造しやすいですし、簡単に同じものを入手することができ、とても危険です。若いうちはこういった印鑑にお金をかける必要性や意味が理解できないことも多く、三文判で十分と簡単に購入していろいろなものに登録印として使いがちです。だからこそお祝いの品として完全手彫りの印鑑を贈るということはとても意味のあることですし喜んでもらえたり使ってもらえたりすることも多くあります。

お花また、印鑑を贈るというのは新成人に対してのお祝いとしてとても理にかなっているものでもあります。これから大人として生活していく中ではいろいろな書類に捺印をする場面が出てきます。そういった社会人や大人としての自覚を持つのにきちんとした手彫りの印鑑を持つというのはとても有効なことですし、自覚を持ちやすくもなります。もらった本人もどういった思いが込められているかということも理解しやすいですから成人としての自覚を持つことができます。

印鑑の重要性

印鑑というのはいろいろな場面で押すものです。日々の出勤簿や、書類の確認、お金を引き出すとき、郵便物を受け取るとき、役所で書類を受け取るときや申請するときなど私たちの生活の中で押さない日は無いといっても過言なほど多くの場面で押しています。自分の印鑑が押されているということは、自分がその内容を認めたということになります。万が一ちゃんと読んでいなかったりほかの人に押されたりしていたからといって無効にすることは不可能なほど重要なものです。

印鑑特に銀行印や実印といったものは登録印と言われ、偽造されたり悪用されたりすると借金の連帯保証人となってしまったり不平等な契約を結ばされたりといった金銭的なトラブルに発展する可能性もあるものです。銀行印が偽装されればお金が引き出されてしまうといった可能性もあります。このようなトラブルが起きてから対処をしてもお金が戻ってこないということもありますし、財産をすべて失ってしまう可能性もあるものです。なおかつさらに書類を作成しなおしたり処理作業をしたりといったことも手間になります。そこで、登録員をするにあたっては、しっかりとしたオリジナリティのある印鑑を作っておくことが重要なのです。

成人祝い

1月の第二月曜日は成人の日であり全国的にお祝い行事が行われています。身内や知り合いに成人する人がいる場合、成人の日や成人する誕生日に合わせて成人祝いを用意するという人も多いです。しかし、成人祝いというのは他のお祝いに比べて不明瞭なところも多いですし贈るものやその金額といったものについても悩むものです。自分自身のときのことを考えても物価が違いますし具体的に何をもらったか思い出せないという人も少なくありません。

お花成人の日というのは大人になったことを自覚して自ら生き抜こうとする青年を祝うもの、とされています。祝う相手によっても相場が違いますが兄弟や叔父・叔母ならば10000円、祖父母ならば10000円から50000円、知人ならば5000円が妥当であると言われています。新成人になる子も就職していたり大学生であったりと環境が違います。そのため、何を贈ればよいかわからないという人も多いです。

そのため中にはギフトカードや現金を包むという人もいます。やはり、ほしいものを本人に買ってもらえる方が良いということ、ほかの人と重複してしまわないこと、お年玉をもらわないことも多くなる年齢であることを考えると現金やギフトカードは重宝するのではないかという考えからこういったことを考える人が多いのです。

しかし、せっかくならば現金やギフトカードではなく記念に残るものを贈りたいと思う人もいるものです。そういったときに意外と役立つとして人気なのが印鑑です