印鑑を贈る意味

印鑑というのはいくつかの作り方があります。機械ですべて作成する機械彫り、機械彫りと手仕上げとを併用する方法、完全に手彫りで作成する方法とあります。リーズナブルで入手しやすいということで機械彫りの三文判のようなものを若い人は使いがちですが、こういったものは模造しやすいですし、簡単に同じものを入手することができ、とても危険です。若いうちはこういった印鑑にお金をかける必要性や意味が理解できないことも多く、三文判で十分と簡単に購入していろいろなものに登録印として使いがちです。だからこそお祝いの品として完全手彫りの印鑑を贈るということはとても意味のあることですし喜んでもらえたり使ってもらえたりすることも多くあります。

お花また、印鑑を贈るというのは新成人に対してのお祝いとしてとても理にかなっているものでもあります。これから大人として生活していく中ではいろいろな書類に捺印をする場面が出てきます。そういった社会人や大人としての自覚を持つのにきちんとした手彫りの印鑑を持つというのはとても有効なことですし、自覚を持ちやすくもなります。もらった本人もどういった思いが込められているかということも理解しやすいですから成人としての自覚を持つことができます。

Pocket