成人祝い

1月の第二月曜日は成人の日であり全国的にお祝い行事が行われています。身内や知り合いに成人する人がいる場合、成人の日や成人する誕生日に合わせて成人祝いを用意するという人も多いです。しかし、成人祝いというのは他のお祝いに比べて不明瞭なところも多いですし贈るものやその金額といったものについても悩むものです。自分自身のときのことを考えても物価が違いますし具体的に何をもらったか思い出せないという人も少なくありません。

お花成人の日というのは大人になったことを自覚して自ら生き抜こうとする青年を祝うもの、とされています。祝う相手によっても相場が違いますが兄弟や叔父・叔母ならば10000円、祖父母ならば10000円から50000円、知人ならば5000円が妥当であると言われています。新成人になる子も就職していたり大学生であったりと環境が違います。そのため、何を贈ればよいかわからないという人も多いです。

そのため中にはギフトカードや現金を包むという人もいます。やはり、ほしいものを本人に買ってもらえる方が良いということ、ほかの人と重複してしまわないこと、お年玉をもらわないことも多くなる年齢であることを考えると現金やギフトカードは重宝するのではないかという考えからこういったことを考える人が多いのです。

しかし、せっかくならば現金やギフトカードではなく記念に残るものを贈りたいと思う人もいるものです。そういったときに意外と役立つとして人気なのが印鑑です

Pocket