印鑑の重要性

印鑑というのはいろいろな場面で押すものです。日々の出勤簿や、書類の確認、お金を引き出すとき、郵便物を受け取るとき、役所で書類を受け取るときや申請するときなど私たちの生活の中で押さない日は無いといっても過言なほど多くの場面で押しています。自分の印鑑が押されているということは、自分がその内容を認めたということになります。万が一ちゃんと読んでいなかったりほかの人に押されたりしていたからといって無効にすることは不可能なほど重要なものです。

印鑑特に銀行印や実印といったものは登録印と言われ、偽造されたり悪用されたりすると借金の連帯保証人となってしまったり不平等な契約を結ばされたりといった金銭的なトラブルに発展する可能性もあるものです。銀行印が偽装されればお金が引き出されてしまうといった可能性もあります。このようなトラブルが起きてから対処をしてもお金が戻ってこないということもありますし、財産をすべて失ってしまう可能性もあるものです。なおかつさらに書類を作成しなおしたり処理作業をしたりといったことも手間になります。そこで、登録員をするにあたっては、しっかりとしたオリジナリティのある印鑑を作っておくことが重要なのです。

Pocket